成長痛(オスグッド)

サッカー少年

成長期の子供によく見られる症状です。

人によって個人差はありますが、小学校中学年から中学生に
かけて発症する方が多いのも特徴です。

かかとの痛みやふくらはぎの痛み、膝の痛み・股関節の
痛みと出る箇所は様々ですが、多くのお子さんで多いのが
オスグッド病と言われる膝の痛みで来院されるのが多いです。

なぜ成長痛になるの?

サッカー成長期には骨だけが急激に伸び、筋肉や腱もそれに伴い成長しようとするんですが、骨と同じスピードで成長できないんです。

成長期の子供はスポーツなどで激しい運動をするので、筋肉は固く緊張 状態になることが多いのですが、運動後のケアがどうしても不十分であり、 筋肉に疲労が溜まっていき筋肉に柔軟性が失われます。

ですので、膝を曲げるなどの動作で成長不十分な硬くなった筋肉や靭帯が 伸びきれないために膝のお皿からスネの骨に付いている膝蓋靭帯などが裂けたりし痛みが出るんです。

また、成長痛で悩む子供達の多くに共通するのは普段の姿勢が悪いということです。

当院は開院以来成長痛で苦しむ子供達を痛くない整体で身体の歪みを調整し、
全身の筋肉の緊張を緩め身体全体のバランスを元に戻すことで改善してきました。

病院で成長痛だから仕方がない、色んなとこへいったけど改善できないとお子さん
の成長痛(オスグッド)でお困りでしたら、当院の施術方針について書きましたので
じっくりお読みください。

成長痛(オスグッド)の施術方針

施術病院での一般的な療法では痛みが出ている患部しか見ずに アイシングやシップ・電気治療、サポーター、テーピング、 痛み止めの注射、最悪手術と全く原因にアプローチをしないので なかなか改善しずらく慢性化していくことが多いのが現状です。

膝が痛いとどうしても膝だけが悪いように考えてしまいがちですが、 実は身体全体のバランスが大きく影響していることが多いのです。

例えば、膝の痛みの場合身体全体もものすごく捻れていることが 多いのですが、膝の上下(足首や股関節)に原因が隠れていることも 多いのです。

膝だけを見るのではなく、左右の筋肉バランスや血液リンパ液
といった 体液の循環を正常にし柔らかい筋肉に戻してあげることも必要です。

身体の歪みや筋肉バランスを調整し、背骨を中心に左右対称の身体に
なったとき、症状はなくなっていくものです。

成長痛といっても一人として原因は一緒の方はいらっしゃいません。
問診で自身の日常生活のクセや姿勢なども考慮した上で、最も適した
施術を行っていきますので、お困りの方は一度当院にご相談ください。

成長痛(オスグッド)が改善された患者さんの声

当院に成長痛で来院された患者さんからいただいた声を紹介します。
あなたに少しでも参考になれば幸いです。

 

お気軽にご相談ください

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ