腱鞘炎

最近ではPCのマウスや長時間のスマホ操作、また赤ちゃんを
毎日抱っこしているなど様々な原因で、指や手首が痛くなったり
重くだるい症状を抱えている人が増えてきています。

また、職業柄美容師さんの腱鞘炎も多いです。

「病院で腱鞘炎と言われ、毎日出された飲み薬や貼り薬を
 使用しているがなかなか良くならない・・・。」

当院ではそういった患者さんを今までたくさん見てきました。

このページでは当院の今までの経験から腱鞘炎について
考え方や施術方針をまとめましたので、腱鞘炎でお悩みの方
はじっくりお読みください。

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、スマホやパソコンの長時間の使用や赤ちゃんを
毎日抱っこするなど指や手首を使いすぎたことで手の「腱」
や「腱鞘」などに負担が溜まり、指や手首に痛みが出てくる
症状です。

はじめは少し痛いかな?という感じですが放っておくと
悪化し日常生活でも痛みを感じるようになってきます。

日常生活に支障が・・・

○ペンやハサミを握ると激しい痛みを感じる。

○接骨院や整体などでやってもらった後は楽だが
 仕事をするとまた痛くなる。

○毎日赤ちゃんを抱っこしているので腕から手にかけて
 いつも筋肉が突っ張った感じがして痛い。

○まだ仕事はできるけど、だんだんと痛みがきつく
 なってきている。

○職業柄、手首の痛みはあきらめている。

このような方達が当院に来院されています。

当院では、手首や指の痛みに対しての原因は
人それぞれだと考えています。

骨自体の歪みなのか、筋肉の萎縮や緊張・または
ねじれなのか?はたまたカラダ全体の歪みから来ているのか?

今まで見させていただいた方々も原因はそれぞれでした。

腱鞘炎にはここ!!という固定概念は捨て、
あなたのお話しをベースに原因箇所を見つけていきます。

お気軽にご相談ください。

出産後に腱鞘炎になりやすい理由

腱鞘炎になる原因のひとつに指の腱と腱鞘がこすれてしまい、
腱鞘部分が炎症を起こします。

また、腱鞘部分が炎症を起こす原因は女性ホルモンも
影響すると言われています。

女性ホルモンのひとつに「プロゲステロン」というものがあり、
妊娠・出産を助けてくれるホルモンですが、出産後には出産の
為に歪んだ骨盤や骨を元の位置に戻すために腱鞘部分を収縮させる
働きがあります。

そのため、腱鞘というトンネル部分が狭くなり、腱と腱鞘がこすれやすく
なり腱鞘炎が起こりやすくなります。

腱鞘炎の2つのタイプ

腱鞘炎には、痛みを感じる場所によって2タイプに
分類できます。

1.バネ指 = 主に指に痛みを感じる腱鞘炎。

2. ドケルバン病 = 親指の根元の手首に感じる腱鞘炎。

どちらの症状も早めの処置が賢明です。
放っておくとドンドン痛みは増してき、かばうことで
他の部位にも痛みが発症することもあります。

バネ指の症状と見分け方

バネ指は指に痛みが出る腱鞘炎で、指を動かすときに
痛みと引っ掛かりを感じるのが特徴です。

症状がひどくなると、指を伸ばそうとしたときに
バネがはじけるような感覚があることから、バネ指と
呼ばれています。

次の症状にいくつか当てはまる場合、バネ指の
可能性があります。

○指の曲げ伸ばしの動作をすると痛みや引っ掛かりを感じる

○朝が一番痛く、指を動かしていくとだんだんと痛みが軽くなる

○指の付け根が腫れていて、押すと痛い

ドケルバン病の症状と見分け方

ドケルバン病の特徴として、親指を曲げ伸ばしすると
痛みを感じます。

次の症状にいずれか当てはまる場合、ドケルバン病の
可能性があります。

○親指の曲げ伸ばしをすると、強く痛む

○親指が固まってくる感じがある

○親指の根元あたりを押すと痛みを感じる

○手首を動かすとだるい感覚がある

腱鞘炎(指や手首の痛み)にはこのような施術をします

どうしても痛い箇所や張っている箇所に目がいき、強く押したり
もんだりしてしまいがちですが、悪化するケースもあるので自分で
揉んだり叩いたりすることはやめましょう。

当院では、身体全体を一つとして考えていますので腱鞘炎が起こった
原因を問診・ボディスキャン検査で調べていきます。

その後、異常部位に対して身体に緊張が入らないよう優しくアプローチ
していきます。

場合によっては痛い場所に触れずとも痛みが取れるケースも
ありますし、痛みの出ている箇所に原因がある場合はそこを調整します。

骨の歪み、筋肉の緊張・萎縮、内臓の機能低下、血液・リンパなどの循環不全
など不調が起こっている場所をしっかり調整できれば基本的に痛みや症状は
なくなっていきます。

なかなか良くならない、どこへいけばわからない方などは
お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ