ストレスの素はコルチゾール!

コルチゾール

現代社会はストレス社会と言われています。
生きているだけで、ストレスを感じてしまうんですね。

ストレスが健康に悪いというのは、皆さんご存知だと思います。ストレスが引き起こす病気で思い浮かぶのは、胃潰瘍やうつ病でしょうか?

でも、実はストレスによる病気はこれだけではないんです。

ストレスは、心臓病や乳がん、記憶喪失、糖代謝異常、
血栓症、肥満などに大きく関わっていることがわかっています。

また、ストレスは細胞のDNAを損傷しますので、細胞の老化を早めます。

つまりストレスを感じると、老けるのが早くなるんです。
ストレスを感じると、体内では「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。

コルチゾールは代謝や炎症の抑制など生命維持に欠かせないホルモン
ですが、ストレスを感じると分泌が促進され、脳の萎縮や記憶力低下など
心身へ悪影響を及ぼすことがわかっています。

ストレスでの悪影響を避けるためには、このコルチゾールのバランスを取り、
増やしすぎないことが大切なのです。

では、どうすればコルチゾールを増やさずバランスをとることができるのでしょうか?

ストレスを感じた時にコルチゾールの分泌を抑えるには、
「ビタミンC」が有効です。ビタミンC

ビタミンCは抗酸化力が強いですので、
コルチゾールの分泌を抑制してくれますし、
コルチゾールで体内が酸化するのを防いでくれるのです。

ストレスを感じてコルチゾールが分泌される状態が続けば、
その分ビタミンCが体内でドンドン消費されている状態ですので
「ちょっとストレス過剰だな」と思ったら、ビタミンCを積極的に取るようにしましょう。

ビタミンCはサプリメントを使うのも良いですが、
野菜や果物を食べれば簡単に摂取することができます。

フルーツジュースなどでも気軽にビタミンCを取ることができますね。
そのほかにダークチョコレートもストレスに効果があります。


ドイツの研究者は、30人の被験者に毎日1.5オンス(約42g)の
チョコレートを2週間食べ続けてもらい、血中のコルチゾールの値を調べたところ、
チョコレートを食べる前に比べて、ほとんどの人がコルチゾールの値が下がったという実験結果があります。

また、チョコレートに含まれる「テオプロミン」という成分は、
神経を鎮めてリラックスさせる効果がありますので、
ストレスにはもってこいの食べ物なんです。

ただ、このチョコレートのストレス軽減効果は、
チョコレートの原料であるカカオに由来するものですので、
ホワイトチョコレートでは意味がありません。

また、ミルクチョコレートよりもカカオ成分が多い
ダークチョコレートが良いでしょう。

このほかにも、ピスタチオや牡蠣、
サーモンなどもコルチゾールの抑制には効果的です。

毎日ストレスを感じている人は、まずは食べ物から
ストレス対策をしてみませんか?

 

***************************************************************************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

    http://kaifukudou.net/

 京都 市下京区八幡町543-2       (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています

 **********************************************************************************

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ