花粉症の症状は食べ物で改善・悪化する?花粉症と食べ物の関係性

 

花粉症

もうすぐ春です。
春は花粉症の季節です。

スギ花粉やヒノキ花粉が飛散する時期ですので、
花粉によるアレルギー症状でくしゃみや鼻水、鼻づまり、
眼のかゆみに悩まされている人も多いのではないでしょうか。

花粉症を改善するためには、
抗アレルギー薬を飲む人が多いですが、
日常生活の中でも花粉症を改善することができるんです。

花粉症の改善に効果のある食べ物といえば、
やっぱりヨーグルトですよね。

ヨーグルトで花粉症などのアレルギー症状が緩和されることは、
ここ数年で有名になりました。

ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境を整えることで、
免疫力がアップし、アレルギー症状を抑えてくれるんですね。

ヨーグルト以外にも、ぬか漬けや味噌などの発酵食品は善玉菌が
含まれていますので、ヨーグルトと同様の効果が得られます。

腸内環境を整えるのが重要です。

また、青魚も花粉症に良いんです。

青魚にはDHAやEPAを豊富に含んでいますが、
DHAやEPAは鼻炎症状を引き起こす化学物質の発生を
抑えてくれる効果があります。


花粉症に良い食べ物があるなら、
当然花粉症に悪い食べ物もあります。

花粉症を悪化させる食べ物をご紹介します。

ファーストフード

花粉症を悪化させる食べ物は、
トランス脂肪酸が含まれている食品です。
トランス脂肪酸は、免疫系に悪影響を与えるとされています。

免疫系に悪影響を与えて、免疫力が落ちれば、
アレルギー症状は悪化してしまいます。

トランス脂肪酸を含むインスタント食品や
 ファーストフードなどは控えるようにしましょう。

また、アルコール類も花粉症の季節は
控えめにしたほうが良いんです。

アルコールが分解される時に発生するアセトアルデヒドは、
末梢神経を刺激してくしゃみや鼻水、
鼻づまりなどの症状を悪化させる原因となります。

そのほか、ハムやソーセージなどの加工食品は過敏性を高めることで、
アレルギー症状を悪化させますし、甘いものの取りすぎは炎症反応を
起こしやすくなります。

トマト

次に花粉症に諸刃の刃となるのがトマトです。

トマトは健康に良い食べ物なので、
花粉症にも良さそうですよね。

国際医療福祉大学とカゴメの共同研究では、
トマトに含まれるリコピンの継続摂取が
花粉症の自覚症状を改善することがわかっています。

また、トマトの果皮部分には「ナリンゲニンカルコン」という
ポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用や抗炎症作用がありますので、
花粉症を改善してくれる効果が期待できます。

ただ、トマトにはヒスタミンが含まれているんです。
ヒスタミンは花粉症の症状を引き起こす化学物質です。

トマトを食べるとヒスタミンを摂取することになりますので、
花粉症が悪化するかもしれません。

花粉症に良い成分を含んでいて、同時に花粉症を悪化させる成分も
含んでいるのがトマトなんです。

でも、花粉症を悪化させる成分ヒスタミンを消す方法があります。

それは、「加熱」すること。

加熱調理すれば、ヒスタミンは消えてくれるんです。
ナリンゲニンカルコンやリコピンは加熱しても大丈夫です。
特にリコピンは加熱したほうが吸収効率がアップするんです。

トマトは加熱してから食べるようにしましょう。

 

*********************************************************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

    http://kaifukudou.net/

 京都 市下京区八幡町543-2       (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています

 ********************************************************************************

コメントを残す

このページの先頭へ