夏は太りやすいってホント??夏太りの原因とは??

夏太り

夏は汗もいっぱいかくし、食欲もあまりないし痩せるチャンスと
思っている方が多いみたいですね。

「夏は痩せやすい、冬は太りやすい」、
こういうイメージを持っているとチョットやばいです。

実は最近、夏に太るという人が増えているんだそうです。
本日はなぜ、夏に太ってしまうのか、夏太りの原因をご紹介します。

まず夏太りの原因の1つ目は、夏の気温が関係しています。

気温が高いとたくさん汗をかいて痩せると思っているかも
しれませんが、それは間違いです。

夏は気温が高くなりますので、体温と外気温の差が少なくなります。
そうすると、体温維持のためのエネルギーの必要量は少なくなります。

例えば気温10度の中で37度の体温を維持するのと、気温30度の中で37度
の体温を維持するのでは、後者の方がエネルギー量は少ないというのは
理解できると思います。

つまり、夏は気温が高いために、基礎代謝が落ちますので、
冬と同じカロリーを摂取していても、冬に比べると太りやすくなるんです。

また、汗をかいてもカロリーが消費されるわけではありませんので、
汗をかいても痩せません。


次に夏太りの原因の2つ目は水分の取りすぎです。
水分取りすぎ

熱中症対策のために、夏はいつも以上に
水分補給を心がけているという人も多いのではないでしょうか?

もちろん水分補給は大切なことですし、飲んだら過剰な分はしっかり尿や
汗として排泄できれば何の問題もないのですが、冷房などで身体が
冷えていると、体に水分が溜まりやすくなってしまいます。

また、同じように熱中症対策は塩分の摂取も大切ですが、
 塩分を取りすぎると、体内に水分が溜まります。

体内に水分が溜まれば、その分むくみますし、
体重が増えますので、夏太りをすることになるんです。


あと、夏によく食べる食材でカロリーが高い食べ物があります。
これは知っておいて損はありません(笑)

その食材とは・・・。

「そうめん」です。
そうめん

そうめんの一食分は約350キロカロリーです。

ご飯一膳は250キロカロリー程度ですので、
そうめんばかり食べているとカロリー過多になってしまいます。

このように、夏は夏太りする原因がたくさん潜んでいるんです。

夏は痩せやすいというイメージは捨てて、体重管理をしっかりして
楽しい夏を過ごしたいものですね(´∀`)

*************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

 京都 市下京区八幡町543-2 (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています。

「HPを見たんですが、予約お願いします。」と言って頂くとスムーズです。

*************************************

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ