京都の花火大会なら南丹市花火大会がおすすめ

八木の花火
明日から8月ですね。
溶けるような暑さですが、夏は暑いだけではありません。

花火大会は大人から子供まで楽しめる夏の風物詩です。

京都の花火大会というと、そんなに数は多くなく今年は宇治の花火大会が
中止となりどこに行こうか迷われている方もいらっしゃるかもしれません。

京都に住んでおられる方ですと、亀岡の花火大会や琵琶湖の花火大会などに
行かれることが多いかもしれませんが今回は八木にある昔から続いている
花火大会を御紹介いたします。

八木の花火大会は去年から南丹市花火大会に名前が代わりました。
小さな町の花火大会ですが、人気のある花火大会です。

大堰川に打ち上げられる花火の数は5000発。
来場者数も9万人と遠方から来られる方もたくさんいらっしゃいます。

観覧席から打ち上げ場所が近いので花火の迫力がありますし、
ナイアガラ花火は川に光の滝が流れ落ちるように見えてとても美しいものです。

戦後間もない1947(昭和22)年の8月14日、戦没者の慰霊と、町の人々の心の
慰めにと20発の花火を打上げたのがこの大会の始まりと言われています。

以後一度もとぎれることなく続いている歴史ある花火大会です。

花火また花火の前には大堰川に500基以上の灯ろうが流され、あたりは幻想的な
雰囲気に包まれます。花火の種類としてはスターマイン、早打ち、芸術花火
などが続き、特大スターマインでクライマックスを迎えます。

灯ろうと花火の調和は見事です。

近隣市町はもちろん京阪神全域から多くの観光客が集まり、八木は一年で最高の盛り上がりとなります。

南丹市花火大会は有料会場と一般会場があります。有料会場は一人500円でバッジを購入し、それをつけて入ります。席自体は決まっていません。有料の席は応援シートと言って1席5000円で1.8m×1.8mのスペースというのがあります。6月中旬から下旬頃に発売されていますので公式ホームページで確認してみてくださいね。


【南丹市花火大会の日程・交通アクセス】

開催日 2015年8月14日(金)※雨天時:8月16日に順延
打上時刻 20:00~21:00
場所 京都府南丹市八木町西田 大堰川畔

JR山陰本線八木駅から徒歩5分

有料席1席(4~5人用)5000円(観覧エリアの一部のみ有料席、要予約)。
詳しい情報は南丹市「やぎの花火大会」実行委員会(TEL:0771-42-5380)
または南丹市やぎの花火大会ホームページにてご確認ください。

京都駅からJRで嵯峨嵐山線で約35分、八木駅下車で徒歩5分程です。
当日は大変混雑が予想されるので駅に着いたら帰りの切符を買っておくと
帰りは少し楽かもしれないですね。

車も駐車場があるみたいですが、大変混雑が予想されます。
帰りの大渋滞も視野にいれゆっくり帰るから大丈夫という人は車でいかれても
いいかもですね。

大きな花火大会もいいですが、南丹市(八木)の花火大会もオススメです。
予定が空いている人は、一度いかがでしょうか??


*************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

 京都 市下京区八幡町543-2 (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています。

「HPを見たんですが、予約お願いします。」と言って頂くとスムーズです。

*************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ