今注目の第7の栄養素、ファイトケミカルについて

ファイトケミカル

ファイトケミカル(フィトケミカル)という言葉を
聞いたことはありますか?


最近話題なんですが、
ファイトケミカルって一体何なのでしょうか?

ファイトケミカルとは、
植物に含まれる天然の化学物質」のことです。

ファイトケミカルは第7の栄養素として今、注目されています。

従来の栄養素の分類は、糖質・たんぱく質・脂質を3大栄養素、
それにビタミンとミネラルを加えたものを5大栄養素、
さらに食物繊維を加えて6大栄養素と呼んでいましたが、
ファイトケミカルを加えて7大栄養素と呼ばれるようになったのです。

☆ファイトケミカルの効能は?☆

ファイトケミカル


糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・
食物繊維と並ぶ位人間の健康に欠かすことができない
とされるファイトケミカルには、一体どんな効能があるのでしょうか?

ファイトケミカルの効能は、ずばり「抗酸化力」です。

抗酸化力が高いファイトケミカルを取ることで、
老化防止だけでなく、生活習慣病予防につながるのです。

ファイトケミカルの効能をその種類別に大まかに紹介します。

まずは、ポリフェノールです。

ファイトケミカルという言葉を聞いたことがなくても、
ポリフェノールは知っているという人も多いと思います。

ポリフェノールは、ファイトケミカルの一種なんです。

ポリフェノールには緑茶に含まれるカテキンや
赤ワインに含まれるアントシアニン、コーヒーに含まれる
クロロゲン酸などがありますが、ポリフェノールは植物が光合成を
する時にできる物質の総称ですが、人間の体内に入っても強い抗酸化力
を発揮し、動脈硬化やがんなど生活習慣病を予防してくれます。

βカロテンやリコピンなどのカロテノイド類も
 ファイトケミカルの一種です。

カロテノイド類は植物の色素成分ですが、
活性酸素から身を守ってくれるので、生活習慣病を予防するだけでなく
美肌効果や眼の健康にも良いとされています。

にんにくや玉ねぎなど臭いの強い野菜に含まれる
イオウ化合物もファイトケミカルです。

イオウ化合物は抗酸化作用だけでなく、
強い殺菌力がありますし、血行・血流改善に効果があります。

☆ファイトケミカルの効果的な取り方☆

ファイトケミカル


ファイトケミカルの効能がお分かりいただけたでしょうか?

では、ファイトケミカルを効果的に取るためには、
どうしたら良いのでしょうか?

ファイトケミカルには様々な種類があります。

現在わかっているだけでも1500種類。

今後研究が進めば、1万種類程度あるのではないかと推測されています。

種類ごとに、その効能は少しずつ違います。
そして、色々なファイトケミカルを取ることで、
相乗効果が期待できるんです。

そのため、ファイトケミカルの効果的な取り方は、
1つの野菜や果物をたくさん食べるのではなく、
色々な種類を少しずつ食べるようにしましょう。

そして、一度にたくさん食べれば、
その分効果が持続するというわけではありませんので、
毎日継続的に食べるようにしてください。

さらに、ファイトケミカルは野菜や果物の皮の部分に多く含まれる
傾向がありますので、できればしっかり洗って皮まで食べると
効率よくファイトケミカルを取ることができます。

今注目の第7の栄養素ファイトケミカルを取って、
身体の中の抗酸化力を高めましょう!

 

*********************************************************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

    http://kaifukudou.net/

 京都 市下京区八幡町543-2       (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています

 ********************************************************************************

コメントを残す

このページの先頭へ