産後の骨盤矯正の重要性

産後の骨盤矯正

出産という人生でも稀にみる大仕事をした女性の身体には
とても大きなダメージを与えます。特に骨盤に対してのダメージ
は大きく、骨盤が開くのと同時に骨盤を支える周辺の靭帯や筋肉
も緩んでいます。

産後にこのような状態を放っておくと、身体には様々な不調が
出てきますので産後の骨盤矯正でしっかりと引き締めていく必要が
あります。

当院には産後の骨盤矯正を目的に来院される患者さんが多数
いらっしゃいますが、来院される時期は人それぞれです。

産後どれくらいのタイミングから骨盤矯正を始めるのがベストか?
産後の骨盤矯正に今後取り組んでいこうとお考えであれば、タイミング
なども含め当院の治療方針について書きましたのでゆっくりお読み
ください。

こんな症状や悩みでお困りではないですか?

・朝起きたときや寝返りの時に腰に強い痛みが走る
・体重は元に戻ってきたけどお腹やお尻・足といった
 身体のラインがひどいことになっている
・妊娠前に普通に着ていた服やデニムが全然入らない
・授乳時や抱っこを一定期間していると肩・腰・背中・膝など
 様々な所に痛みが出てきて辛い
・出産後からなぜか股関節が痛くて歩くのも苦痛・・・。
・下半身のむくみや冷え性がひどくなってきている
・良いと言われた市販の骨盤ベルトをしても、腰の痛みは変わらない

出産によって開いてしまった骨盤は、時間と共に少しは閉じてくる
ものではありますが産後骨盤のケアをせず自然に妊娠前と同じ状態
に戻るということはありません。

帝王切開だから私は大丈夫と思われる方もいらっしゃるかも
しれませんが、実は帝王切開でも同じことが言えます。

もし、あなたが上記のような状態なら笑えないしこれからの育児や
家事も大丈夫かな?って不安になりますよね・・・。


当院では正常分娩・帝王切開関係なく、産後に起こった様々な症状・
悩みをあなたのお話しを聞かせてもらい、それを元に骨盤を含む全身
の身体の検査を細かく行っていきます。

産後の様々な症状や体型の変化の原因として、出産時に骨盤周辺の靭帯
を緩めるホルモンが出ているので骨盤が不安定になり歪みやすくなります。

骨盤の歪みや開きは全身の血液やリンパ液、脳脊髄液といった体液の流れ
を悪くし、特に下半身のむくみや冷えの原因にもなります。

体液の循環が悪くなっている状態だと筋肉も柔軟性をなくし、授乳時の姿勢
や抱っこといった一定の不安定な姿勢を続けることで左右のバランスも崩れ、
結果負担のかかっている箇所へ痛みやコリといった症状が出てきます。

問診であなたの生活環境や習慣など痛みの原因となることを
お聞かせいただいた後、ご自身と一緒に身体・骨盤の歪みを
みていきます。

ご自身の身体がどのようになっているのか?
あなたの身体がどのように歪んでいるかがわかれば
生活の中で改善できる所もわかっていきます。

検査で悪い所を見つけたあと、痛くない施術で全身調整を
しますので強い刺激が嫌な方、整体は怖い所と思いこんで
いるあなたも大丈夫です。

肝心の産後の骨盤矯正を行うタイミングですが・・・。
目安としては産後1ヶ月くらいがベストだと思います。

ちょうど産後1ヶ月検診があると思いますのでそこで異常が
なければ問題ないと思いますし、その方がご本人も安心かと
思います。

痛みや悩みがあるうちはどうしても気分も塞ぎがちになってしまうものです。

今のあなたの辛い状態から一日でも早く回復し、かわいい赤ちゃんと
笑って毎日を過ごす為にも不安なことやわからないことなどあれば、お気軽に
ご相談くださいね。


**************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

http://kaifukudou.net/

 京都 市下京区八幡町543-2 (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています。

「HPを見たんですが、予約お願いします。」と言って頂くとスムーズです。

**************************************

コメントを残す

このページの先頭へ