京都人限定!? 6月30日は水無月を食べる

水無月
6月30日は水無月を食べる日です。

京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、
この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事
「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。

この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき
「水無月」です。

水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子ですが、
それぞれに意味がこめられています。

水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、
三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。

夏の酷暑を乗り切り、無病息災を祈願するお菓子です。

その昔、宮中の人々は氷室(京都衣笠山西麓)から氷を取り寄せ、
氷を口にして暑気払いをしました。

貴重な氷は一般大衆の手には入りにくかったため、麦粉を練って
氷片になぞらえて食べたのが水無月です。

この水無月を食べる風習ですが、実は京都の人限定らしいです。
今でこそ関西圏の方は食べる方もいらっしゃると思いますが、昔は
京都の人だけが食べていたみたいですね。

今回は和菓子屋さんがたくさんある京都で有名どころと言われるお店を
少し紹介致します。


中村軒 中村軒
 京都市西京区桂浅原町61
 (075)-381-2650
 定休日 毎週水曜
 営業時間7:30~18:00

桂離宮すぐ側の饅頭屋。
茶店もあります。





続いてはこちら!!
五建ういろ

五建ういろさん
東山の本店以外にも哲学の道で売ってます。
あとは百貨店内。

本店:【住所】〒605-0846
    京都市東山区五条橋2丁目18番

   【TEL】075-561-6101

   【FAX】075-561-6105

    京阪五条駅より徒歩3分

他にもいろんなお店の水無月がありますが、百貨店などにいけば
有名ところはあると思うので百貨店へGOです。

6月30日はけっこう人が多いと思いますので、心して行きましょう(´∀`)



**************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

 京都 市下京区八幡町543-2 (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています。

「HPを見たんですが、予約お願いします。」と言って頂くとスムーズです。

**************************************

 

コメントを残す

このページの先頭へ