京都五山の送り火 鑑賞スポット

五山送り火
京都のお盆といえば五山の送り火です。

五山送り火(ござんのおくりび)は、毎年8月16日京都府京都市左京区にある如意ヶ嶽(大文字山)などで行われるかがり火。宗教・歴史的な背景から「大文字の送り火」と呼ばれています。

京都に小さい頃から育った私は子供の頃は「大文字焼き」と呼んでいました(笑)

 20時頃から炎の「大」「妙・法」の文字と「鳥居」、「船」の形が次々に浮かび上がります。

その炎で、お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ
送り届けるとされています。

京の夏の夜空を焦がす京都の名物行事・伝統行事として、葵祭祇園祭時代祭
とともに京都四大行事の一つとされ、全国各地から見に来られています。

今回はその五山の送り火の鑑賞スポットをお届けしますm(_ _)m

五山の送り火の日は平日でも見物客は10万人を超えると言われており、
京都の街は人で溢れます。

地元の人は近所のスポットを知っていますが、なかなかいい場所がわからない
という人はウロウロしているうちに終わってしまいますヽ(*´∀`)ノ

まず、五山の送り火をできるだけ多く見たいという方は、「京都タワーや京都駅
ビル」など高層タワーから見るのをオススメします。

ただ、一度にたくさんみるということは、字形が遠くて小さく見えるという
欠点があります。

また、高層タワーなどでは、人ごみも多くかつ有料なところが多いです。
あと、もちろんですが遠くから見るため焼ける音が聞こえません。

近くで見るメリットとして、バチバチという焼ける音が聞こえるのも
五山の送り火をみるポイントでもあります。

それでも一度にたくさん見たいという方は、北区の方にある「船岡山」や
「出町の三角州」、賀茂川や高野川の堤防もオススメです。

ホテルでみるなら、「京都ホテルオオクラ」や「ウエスティン都ホテル」、
「ホテル日航プリンセスホテル」などが良いかとm( _ _ )m

人ごみから解放され、ゆっくりと五山をみるのも優雅ですね(´∀`)

あっじっくりひとつかふたつだけみたい人なら、「京都御苑」がオススメっす。

それぞれの目的によって見る場所は違ってきますが、京都の夏を感じる五山
の送り火、観光客の方はぜひ一度見てみてくださいm(_ _)m


*************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

 京都 市下京区八幡町543-2 (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています。

「HPを見たんですが、予約お願いします。」と言って頂くとスムーズです。

*************************************

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ