朝をスッキリ迎える方法

 

朝だるい
「朝起きると身体がだるい」「目覚ましをかけてもなかなか起きれない」
そんな方は結構多くいるのではないでしょうか?

多くの人がそうだからあまり気にしている方もいないかもしれませんが、
実はしっかりと対策すれば朝のだるさや眠さは解消することができます。

そもそも、なぜ朝がつらく・起きれないのでしょうか?
まずは原因からみていきましょう!

①睡眠時間が短い

②睡眠時間が長すぎる
これは意外と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
科学的にも脳に悪影響を与えることが証明されています。

③ストレス

④低血圧・低体温
副腎という内分泌臓器から分泌されるアドレナリンとノルアドレナリンが
朝の目覚めに大きく影響しますので、その働きが弱くなることで朝だるい
などの倦怠感が起きます。

このように原因は様々です。

では、次に朝をスッキリ迎える方法をご紹介いたします。


1. ●度寝は脳の覚醒を邪魔するのでしない

朝起きて「交感神経」が優位に働こうとしているときに、
2度寝をしてしまうと脳が覚醒できなくなってしまい
「朝にぼーっとして頭が働かない」「身体がだるい」という
症状が出てしまう原因になってしまいます。

一度目が覚めるたら二度寝はしない。が基本です。

2.目が覚めたらゆっくり背伸びをする

①手と足を誰かが引っぱているとイメージしながら、
 う~んと伸びをしてください。
 手先、足先はピンと伸ばして行ってください。

②そのあと、手を丸めて、足の指もつぼめて一旦、縮こまりましょう。

③5秒ほどしたら、先程と同じく背伸びをしてください。

『背伸び→縮まる』を3セット行うと体もほぐれて、動きやすくなります。

 ★ここで注意!
貧血気味の方など、急激に身体を動かしたりすると「めまい」の症状が
出る可能性があります。

伸びるときは息を止めず、ゆっくりとした動作を心がけてください!
お年寄りの方も急に伸びをすると身体がつったりすることもあるので
ゆっくりジワーっと伸びるようにしてくださいね。

3.太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることで体のリズムを整えることができ、
体内時計を活動モードに切り替えてくれます。

また、朝太陽を浴びることでセロトニンという神経を休める
ホルモンも出ますので穏やかな朝を迎えられます。

4.コップ一杯の水を飲む

寝ている間に汗などで体の中は水分不足になっています。
できれば常温で飲むことで体液の循環もよくなります。

5.シャワーを浴びる

朝時間が限られている人は難しいですが、シャワーを浴びる
時間を確保して入ると目が覚めます。

特に目を覚ましスッキリしたい方は少し熱めのシャワーを浴びるといいでしょう。
熱いシャワーを浴びることで交感神経が優位になり、やる気がでてきます。

朝が弱い人やだるい人は、自分は朝が弱いと自分で決めつけず
できることから始めてみましょう。


**************************************

【京都市下京区の整体マッサージ】女性に人気のやさしい整体「かいふく堂」

http://kaifukudou.net/

 京都 市下京区八幡町543-2 (地下鉄烏丸線五条駅より徒歩6分です)

【TEL】075-351-6860

【営業時間】9時半~19時半まで(土曜日は17時半まで)

【定休日】日・祝

【完全予約制】完全予約制ですが、 当日のご予約も 受け付けています。

「HPを見たんですが、予約お願いします。」と言って頂くとスムーズです。

**************************************

 

コメントを残す

このページの先頭へ